新作興奮!CR黄門ちゃま超寿 日本漫遊2700kmの冒険旅

新作興奮!CR黄門ちゃま超寿 日本漫遊2700kmの冒険旅

平和の大人気コンテンツ「黄門ちゃま」シリーズに、新たな作品『CR黄門ちゃま超寿 日本漫遊2700km 299ver.』が待望の登場を果たしました。

この最新作の最大の特徴は、右に振ると発動する「ゴチ装置(役物)」を搭載している点です。

分かれ道となる「ゴチ装置」では、玉が「右→黄金街道」と「左→団子峠」に振り分けられます。

黄金街道(アタッカールート)

右に振り分けられた玉は、アタッカー方向に流れます。

・団子峠(ゴチルート)

CR黄門ちゃま超寿 日本漫遊2700km『ひかえおろう打法』

左に振り分けられた玉が「ゴチポケット」に入賞すれば、4個の賞球となります。

演出面では、多彩なリーチや予告演出に加えて、ギミック演出も多数搭載されています。特に注目すべきは、発生すれば大チャンスとなる「大家紋フラッシュ」や、液晶を埋めつくす「巨大宝船ギミック」です。

出玉のカギとなる電サポ付きST114回転の「世直しRUSH」は、「超寿ボーナス」後に発動し、また「世直しボーナス」中の「九尾バトル」で勝利した場合、「九尾リベンジチャンス」中の大当り後に突入します。 ※V入賞がST突入の条件 ※初当り時のみ電サポ100回転

滞在中の大当り後は再び「世直しRUSH」へ突入する仕様で、継続率は80%。また、滞在中の大当りは50%が16Rとなります。 ※V入賞がST突入の条件

スペックは、大当り確率1/299.3、初回大当り後51%、電サポ中は100%の確率で114回転のSTへ突入する、ミドルSTタイプとなっています。 ※V入賞がST突入の条件 ※初当り時のみ電サポ100回転

この新作は、日本漫遊2700kmという興奮と冒険が凝縮されたテーマで、地元ユーザーにもっともっと楽しんでいただけることでしょう。

多彩な演出とギミック、期待の大当り!CR黄門ちゃま超寿 日本漫遊2700km

ゲームレビュー: 新境地を切り拓く『CR 黄門ちゃま超寿 日本漫遊2700km』

[1. 期待を裏切らない新作]

「黄門ちゃま」シリーズの新作『CR 黄門ちゃま超寿 日本漫遊2700km』が登場し、これまでのシリーズを上回る期待を感じさせます。開発陣は本作で新境地を切り拓くと宣言し、果たしてその意気込みに応えているのか、詳細に迫りたいと思います。

[2. ゲームの特徴: ゴチ装置と分かれ道]

本作の最大の特徴は、右打ち時に発動する「ゴチ装置(役物)」の存在です。プレイヤーは分かれ道に立たされ、玉が「右→黄金街道」と「左→団子峠」へ振り分けられる瞬間が魅力的です。このゴチ装置がゲームプレイに新たな戦略をもたらし、期待感を高めています。

[3. ドキドキの分かれ道]

「ゴチ装置」によって玉が振り分けられる瞬間は、まさにドキドキの時刻。右に振り分けられた玉はアタッカー方面に進む一方、左に振り分けられた玉は「ゴチポケット」へ入賞すれば4個の賞球を獲得できるという、分かれ道の魅力に引き込まれます。

[4. 多彩な演出とギミック]

ゲーム内では、多彩なリーチや予告演出に加え、さまざまなギミック演出が盛りだくさん。特に注目すべきは、「大家紋フラッシュ」や「巨大宝船ギミック」など、発生すれば大チャンスをもたらす演出が存在します。これらの演出が、プレイヤーに臨場感あふれる興奮を提供しています。

[5. 出玉の鍵となる「世直しRUSH」]

ゲームプレイにおいて重要なのは、「電サポ付きST114回転の世直しRUSH」。超寿ボーナス後に発動し、「世直しボーナス」中の「九尾バトル」で勝利した場合、「九尾リベンジチャンス」中の大当り後に突入します。これが出玉のカギを握り、プレイヤーに大きな期待感を与えています。

[6. ヒントとコツ: 戦略的なプレイが求められる]

プレイヤーにとって有益なヒントとして、戦略的なプレイが求められます。分かれ道での選択、ゴチ装置の正確なタイミング、そして「世直しRUSH」の駆使が成功への鍵。熟練度が高まるにつれ、より高いリターンを期待できるでしょう。

[7. まとめ: 新たな興奮がプレイヤーを待ち受ける]

『CR 黄門ちゃま超寿 日本漫遊2700km』は、期待を裏切らずに新境地を切り拓く素晴らしい作品と言えます。ゴチ装置の導入や多彩な演出、戦略性の高いゲームプレイが、プレイヤーに新たな興奮をもたらしています。是非ともその世界観を体験してみてください。

CR黄門ちゃま超寿 日本漫遊2700km 199ver 実践動画 part2 - YouTube

評価する:

レビュー1: 田中悠太 (評価: 4.2/5)

新作の『CR 黄門ちゃま超寿 日本漫遊2700km』は、期待以上の興奮と冒険を提供してくれました。ゴチ装置の登場により、プレイヤーは常に分かれ道での選択に迫られ、右か左かのドキドキ感が楽しい要素の一部となっています。特に、「大家紋フラッシュ」や「巨大宝船ギミック」の演出は素晴らしく、これまでのシリーズとは一線を画す存在感を感じました。電サポ付きST114回転の「世直しRUSH」も非常に戦略的で、プレイヤーに臨場感あふれる体験をもたらしてくれました。

レビュー2: 佐藤健太郎 (評価: 4.5/5)

『CR 黄門ちゃま超寿 日本漫遊2700km』は、シリーズファンにとって待望の新作と言えるでしょう。ゴチ装置の導入により、ゲームプレイに新たな戦略性が加わり、分かれ道の選択が重要な意味を持っています。特に気に入ったのは、演出のバリエーションが豊富で、ギミックの数々がプレイヤーを引き込む要素となっています。電サポ付きST114回転の「世直しRUSH」は、成功すると期待以上の出玉が得られ、勝利の瞬間に大いなる充実感を感じました。

レビュー3: 三浦拓也 (評価: 4.1/5)

新しい『CR 黄門ちゃま超寿 日本漫遊2700km』は、シリーズの進化を感じさせる素晴らしい作品となりました。ゴチ装置の存在がゲームに深みを与え、右と左への振り分けが戦略的な選択となっています。演出面では、「大家紋フラッシュ」や「巨大宝船ギミック」など、見どころ満載で飽きさせません。電サポ付きST114回転の「世直しRUSH」の登場により、勝利の瞬間がさらに一層特別なものとなりました。戦略と臨場感を求めるプレイヤーにはおすすめの一作です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です