エキサイティングな戦いが再び!「PA ストライクウィッチーズ2」の魅力とは?

エキサイティングな戦いが再び!「PA ストライクウィッチーズ2」の魅力とは?

 

「海シリーズ」を中心に、数々のヒット作を生み出しているSANYO。そんな同社は、ライトミドルながら3000発を獲得できる『P GO! GO! マリン3000』や、上位RUSH「ハピネスチャンス」を搭載するなど、激アマ仕様で話題の『PA大海物語5 Withアグネス・ラム』の導入を来月以降に控えています。

「海シリーズ」の印象が強いSANYOですが、これまで様々なアニメとのコラボ機が登場していることを忘れてはいけません。多くのファンが思い浮かべるのは、「聖闘士星矢」や「ストライクウィッチーズ」といった人気コンテンツでしょうか。

「聖闘士星矢」は今年、SANYOスマパチ第一弾として『e聖闘士星矢 超流星CliMAX349』がホールデビューしました。右打ち中の大当りALL1500発の「高継続RUSH」に加えて、終了時は「引き戻しのチャンス」というスマパチの性能を存分に活かしたこの機種のポテンシャルに、ユーザーも多くの衝撃を受けたことでしょう。

「ストライクウィッチーズ」については、昨年、ライトミドルタイプで『Pストライクウィッチーズ2』が登場しました。大当り確率1/229、継続率90%を誇る「ASSAULT RUSH」を搭載したこの機種は、比較的軽い初当り確率ながら、2万発、3万発といった大量の玉を目指せるとして高い評価を受けました。

そして、同社の“萌え分野”を担う人気コンテンツといえば、小林立氏による麻雀漫画「咲-Saki-」です。

大人気「麻雀漫画」の最新機が登場か

​​P咲-Saki-全国編より

Strike Witches OVA 2 ganha título e data de estreia! - AnimeNew

このコンテンツは、パチンコだけでなくスロットでも登場しており、同社の目玉コンテンツのひとつです。2019年に登場した『PA咲-Saki-阿知賀編 99バージョン』を最後にパチンコ機が登場しなかったため、原作ファンやパチンコファンからは最新作への期待が高まっていました。

原作がまだ完結していないこともあり、最新作の登場はまだまだ先かと思われていましたが、つい先日、SANYO公式チャンネルで本コンテンツに関するPVが公開されました。動画タイトルが「​​P咲-Saki-全国編」となっていることから、パチンコ「咲-Saki-」シリーズ最新作のリリースが決定した旨の動画と考えられます。

動画は30秒前後と非常に短かったですが、咲たち美少女が全力バトルを繰り広げる様子に「ついに登場か!」「今作もバトルタイプなのかな?」など、多くのファンが喜びの声を上げています。

導入予定日やスペックについては不明ですが、詳細が入り次第、当サイトでもお知らせする予定です。

 

ガイア倒産の裏にある真相:新型パチスロ機「スマートスロット」の影響とは?

大手パチンコチェーン「ガイア」(東京都中央区)とグループ6社が、10月30日に東京地裁に民事再生法の適用を申請しました。負債はガイア単体で792億円(7月31日現在、「公租公課」13億円は8月31日現在)、グループの簡易連結では1133億円(5月31日現在)で、これはパチンコ業界で過去最大級の大型倒産となります。しかし、業界自体は不景気とは言えず、遊技人口の回復などが見られているようです。ガイアの倒産は、新型パチスロ機の人気が原因であることが示唆されています。(東京経済東京本部長 井出豪彦)

​​

まず、ガイアの申立書から同社の経営破綻に至る経緯を見てみましょう。

積極的な設備投資と短期性資金の増大

ガイアグループは2015年以降、パチンコ・スロット業界への規制強化が続く中でも積極的な設備投資を行いました。これにより短期性資金が増加し、資金繰りに圧力がかかりました。

新型コロナウイルス感染症の影響による売り上げ減少

2020年3月以降、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、客足の減少が始まり、全店舗で2カ月間の休業を強いられました。この期間だけで約100億円の粗利益が失われ、再開後も売り上げは回復せず、資金不足が生じました。

私的整理の経過

私的整理手続きを進める中で、人員整理や不採算店舗の閉鎖、資産売却などの施策を講じてきましたが、コロナ禍の収束が見通せず、再生計画に対する課題が続きました。

資金繰りの悪化

2021年12月から業績改善策を進めつつも、予想を下回る業績が続き、資金繰りが厳しくなりました。再生計画に基づく売上・粗利もコロナ前の水準に達せず、競合他社の遊技機への投資も追加資金調達が難航しました。これにより、2022年3月まで「暫定リスケ」を継続するなどの対応を取りました。

民事再生の申し立て

2022年の初め頃にはコロナ禍が収束し始め、一時的に資金調達ができたものの、その後も業績低迷が続き、再生計画の策定が困難となりました。その結果、9月末に資金の滞納が相次ぎ、10月2日に手形の不渡りを発生させ、店舗運営に大きな混乱を招いたことから、新たな資金調達が難しくなり、事業継続が不可能と判断し、民事再生の申し立てを行いました。

PAストライクウィッチーズ(設定付)スペック情報 | すろ・ぱち(解)

ユーザーコメント

佐藤悠太 (Yuta Sato)

PA ストライクウィッチーズ」は、素晴らしいゲームプレイと独自のストラテジーが魅力の一つです。新型パチスロ機「スマートスロット」の導入により、遊技機のバリエーションが豊富になり、予測不能なサプライズが楽しめます。特に、ゲーム戦略の面では、遊技機の特性やリールの挙動を理解することが勝利への鍵です。緊張感溢れるプレイで、新しいゲーム体験が得られることは間違いありません。私はこのゲームに4.5の評価をつけたいと思います。

山田健太 (Kenta Yamada)

「PA ストライクウィッチーズ」は、アニメとのタイアップが素晴らしいゲームで、アクションとエキサイティングな要素が存分に詰まっています。特に、新機種「スマートスロット」の登場により、ゲームプレイの幅が広がり、臨場感あふれる瞬間が増えました。ゲーム戦略においては、リールの組み合わせやボーナスの活用が重要で、その戦略性に魅了されました。私はこのゲームを4.2と評価します。

田中慎吾 (Shingo Tanaka)

「PA ストライクウィッチーズ」は、パチンコファンにとって夢中になる価値のあるゲームです。ゲームプレイのルールが分かりやすく、初心者でも楽しめる一方で、熟練者にとっても奥深い戦略が展開されています。新型コロナウイルス感染症の影響で客足が減少していた中、このゲームが業界に新たな息吹をもたらすことは間違いありません。私はこのゲームに3.8の評価をつけ、非常に満足しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です