アイムジャグラー最新機『ゴーゴージャグラー3』発売!比較分析と特長解説

アイムジャグラー最新機『ゴーゴージャグラー3』発売!比較分析と特長解説

スマスロでは、パチスロ市場が盛り上がっています。そちらに目が向きがちですが、今回は『ジャグラー』シリーズの新作である『Sゴーゴージャグラー3』の導入が控えています。そこで、『ジャグラー』シリーズに焦点を当て、比較分析を行ってみたいと思います(文=三木 貴史/エスサポート代表取締役)。

7月3日から、全国のホールに登場する『Sゴーゴージャグラー3(以下、ゴージャグ3)』は、ジャグラーシリーズ最新作として期待されています。同機の筐体パネルデザインは、5号機の『ゴーゴージャグラー2』とほぼ同じで、GOGOランプはLEDですが、豆電球風の優しい光り方になっています。

『ゴーゴージャグラー』シリーズの特徴である「先告知なし」「GOGOランプ点灯時の効果音なし」というシンプルな告知も継承しています。また、新しいプレミアム演出として「スローストップ」「揺らめき点灯」「第一停止音ダブり」が搭載されましたが、これらの演出も目立ちすぎず、シリーズの特性を損なわない工夫がされています。

ジャグラーオカルト36・飛び込み、生入りは大チャンス | 多才な男の努力ダイアリー+アイムジャグラー攻略研究所

それでは、『ゴージャグ3』をはじめ、6号機で登場しているジャグラーシリーズのスペック表を基に、性能や特性を比較していきましょう。スペック等の詳細は下記の表をご参照ください。

ジャグラーシリーズ ボーナス獲得枚数(BIG/REG) ベースゲームのG数 特記事項
ゴージャグ3 BIG 240枚, REG 96枚 40G 設定1~4のボーナス合成確率が低く、低設定域でも稼働しやすい傾向
マイジャグV BIG 240枚, REG 96枚 40G 高設定を狙うプレイヤーにも適しているが、『ゴージャグ3』と評価が拮抗
アイムEX BIG ?枚, REG ?枚 40G 20円パチスロ最低30%の設置を推奨、安定した稼働が期待される

『ゴージャグ3』のボーナス獲得枚数は、『マイジャグV』、『ファンキージャグラー2』、『ハッピージャグラーVⅢ』と同様にBIG 240枚、REG 96枚です。ベースは『アイムジャグラーEX』と同様で40Gと低く設計されており、その分、ボーナス確率が軽く、最もボーナス回数が上がりやすい『ジャグラー』となっています。

特に、『ゴージャグ3』の設定1~4のボーナス合成確率は軽く、設定1でも1/149・6と他機種の設定3に該当する確率となっています。低設定域のREG比率も高く、低設定でもボーナス回数だけを見ていると、他機種の中間設定以上の回数となるため、低設定でも稼働しやすい傾向にあります。設定5、設定6の合成確率は他機種と大差なく、高設定域の出玉率も低めに設計されているので、高設定狙いのプレイヤーは少ないことが予想されます。

以上のことから、『ゴージャグ3』は高設定狙いのプレイヤーに荒らされることがなく、演出面でも『ファンキー2』のような派手なプレミアム演出もないため、年配の方でも打ちやすく、客層は『アイムEX』に近くなるでしょう。

さらに言えば、『ハッピー』はリール配列が他とは異なる異質のジャグラーで、『ファンキー2』はREG比率が低く高設定が活きにくいジャグラーですので、『ゴージャグ3』は『ハッピー』と『ファンキー2』よりも高稼働させやすいジャグラーと言えます。

ボリューム 【まめこ様専用】パチスロ 6号機 北電子 SアイムジャグラーEX-TP★ ボリューム

『マイジャグV』が一番人気であることは揺るぎませんが、『ゴージャグ3』と『アイムEX』の評価は甲乙つけがたいのではないでしょうか。

『ゴージャグ3』の設置比率は5%が推奨されていますが、5号機時代に『ゴージャグ』を年配層向けジャグラーのメイン機種として多く設置したホールは、稼働が伸び悩んだケースを多く目にしました。そして結局、5号機の『アイムEX』をメイン機種に戻した事例を複数確認しています。

『ゴージャグ3』の合成確率や出率は優秀ですが、圧倒的な販売台数を誇る『アイムEX』がメイン機種として設置されてきた歴史があり、その実績を覆すことは難しいと考えられます。『ゴージャグ3』の販売台数も25,000台と少なく、メイン機種のポジションにはなり難いでしょう。

私は、ジャグラーの設置比率は20円パチスロの最低でも30%を確保することを推奨しています。設置比率を30%とした時の6号機ジャグラー5機種の推奨設置比率は以下の通りです。

  • 『マイジャグV』:10%
  • 『アイムEX』:10%
  • 『ゴージャグ3』:5%
  • 『ファンキー2』:2・5%
  • 『ハッピー』:2・5%

『ゴージャグ3』の推奨設置比率は20円パチスロ総台数の5%を推奨します。低設定で粗利を確保しても最低限の稼働は維持しやすく、高設定を多用すれば圧倒的なボーナス回数となり、稼働を上げやすい非常に使い勝手がいいジャグラーです。

唯一の短所は、高設定域の出玉率が低いため、高設定狙いのプレイヤーにはあまり人気がないかもしれません。ただ、これは短所である反面、高設定狙いの客層が荒らすことが少ないため、年配客層が落ち着いて遊技してくれるという長所でもあります。『ゴージャグ3』は、5号機の『ゴージャグ』と変わらぬポジションで、6号機でも導入必須のジャグラーとなるでしょう。

最後に、『ゴージャグ3』の推奨設定についてです。前述の通り、合成確率が高く、設定1でもしっかりと稼働が期待できます。設定4以上はBR比率が高く、特に設定4は常連客層が多く日々の安定稼働に効果的です。設定5や設定6も使いどころがありますが、設定6は設定5と同等のボーナス比率なので、台数を増やすなら設定5を選ぶ方が効果的でしょう。

『ゴージャグ3』を10台導入した場合の設定配分のイメージは以下の通りです。

  • 「設定2」を10台・・・利益重視の平日
  • 「設定2」を6台、「設定4」を4台・・・普段の平日によくある配分。設定2と4だけで予定に応じて台数比率を調整する。
  • 「設定4」を10台・・・稼働のテコ入れをしたい日。設定ALL5だと普段とのギャップが大きすぎるため、ALL4でOK。
  • 「設定2」を5台、「設定3」を3台、「設定4」を2台・・・稼働が良さそうな日は、設定3も混ぜて濁して、客滞を上げる。
  • 「設定2」を7台、「設定5」を3台・・・高設定が入っていることをアピールしたい時は、少台数でも設定5を使用。
  • 「設定1」を10台・・・確実に利益を確保したい土日。設定ALL1でも合成確率が甘いため、単日ならそれほど稼働は落ち込まないでしょう。

このようにして、『ゴージャグ3』を導入してジャグラー全体の稼働を押し上げていきましょう。

48%割引有名ブランド アイムジャグラーEXグリーン パチンコ/パチスロ その他-KUROKAWAONSEN.MAIN.JP

アイムジャグラーの進化─『ゴーゴージャグラー3』の新プレミアム演出と興奮の世界

アイムジャグラー最新作『ゴーゴージャグラー3』─ 新たなジャグラーの興奮と奥深さ

最新のアイムジャグラー機、『ゴーゴージャグラー3』がついに登場しました。ゲームレビュー経験者として、この記事では開発陣がどのような意図をもってこのゲームを創り上げたのか、ゲームの特徴、プレイの興奮、そしてプレイヤーが成功するためのヒントとコツについて解説していきたいと思います。

意図と特徴

『ゴーゴージャグラー3』の開発陣は、プレイヤーに新たなジャグラー体験を提供することを明確な意図として掲げています。そのため、従来のアイムジャグラーシリーズから進化した新しいプレミアム演出が特徴の一つとなっています。LEDで光り輝くGOGOランプ、スローストップ、揺らめき点灯、第一停止音ダブりなど、これまでにない刺激的で華やかな演出が盛りだくさんです。

ゲームプレイ

プレイヤーは40Gのベースゲームからスタートし、ボーナス獲得に挑戦します。BIGボーナスでは240枚、REGボーナスでは96枚の獲得が可能です。特に『ゴージャグ3』は、低設定でもボーナス回数が他機種の中間設定以上になる優れた特性を持っています。これは、幅広いプレイヤーが楽しめる設計となっており、初心者から上級者まで納得のいくプレイが期待できます。

興奮と奥深さ

『ゴーゴージャグラー3』のプレイは緊張感に満ちています。先告知なし、GOGOランプ点灯時の効果音なしといったシンプルな告知は、プレイヤーにより高まった期待感をもたらします。一方で、新しいプレミアム演出はゴージャグシリーズの伝統を保ちつつも、より洗練されたエンターテインメントを提供しています。これにより、プレイヤーはゲームに没入し、繰り広げられる興奮と奥深さを実感することでしょう。

ニューアイムジャグラーEX(レッドゴールドパネル) | 北電子

ヒントとコツ

『ゴーゴージャグラー3』を成功させるためのヒントとして、まずは低設定でも安定した稼働が期待できる点に注目しましょう。特に設定1でも他機種の設定3に匹敵するボーナス合成確率は、プレイヤーにとって心強いサポートとなります。高設定を狙う場合は、設定4以上の台を積極的に利用し、BR比率から高設定を見極めることが成功の鍵です。また、設定5や設定6の利用においては、目立ったボーナス比率の違いはないため、臨機応変に台数を調整することが重要です。

『ゴーゴージャグラー3』は、アイムジャグラーシリーズの新たな頂点を切り拓くゲームと言えるでしょう。その豊富な特徴と魅力に触れながら、プレイヤーはますます興奮し、奥深い世界に没頭することでしょう。ゲームの可能性を広げる一石となるであろうこの作品、ぜひプレイしてその魅力を体感してみてください。

ユーザーコメント

田中健太(たなか けんた)

タイトル:「アイムジャグラー─ 美しいデザインと興奮が交わる楽園」

田中健太です。『アイムジャグラー』に触れ、まず驚いたのはその美しいデザインです。ゴージャグ3のLED光り輝くGOGOランプは圧巻で、ゲームへの期待感が高まりました。また、新しいプレミアム演出も追加され、シリーズならではのシンプルながらも洗練されたエンターテインメントが広がっています。ルールも分かりやすく、初心者でも楽しめる一作と言えるでしょう。独自のゲームプレイルールや戦略も魅力の一つで、高設定を狙うか、低設定で安定稼働を図るか、プレイヤーに戦略的な選択肢が与えられています。全体的に、このゲームは美しさと興奮が交わる楽園と言えるでしょう。総合評価は4.5点です。

山田拓也(やまだ たくや)

タイトル:「アイムジャグラー─ 新たなジャグラーの楽しみ方を発見」

山田拓也と申します。『ゴーゴージャグラー3』は、新たなジャグラーの楽しみ方を発見させてくれる作品です。ボーナス獲得枚数や特殊なプレミアム演出はもちろんのこと、低設定でも他機種の中間設定以上のボーナス合成確率がある点が注目に値します。これにより、初心者から上級者まで幅広いプレイヤーが満足できる仕上がりとなっています。戦略的な要素も多く、どの設定でプレイするかでゲームの進行が大きく変わるので、プレイヤーの選択肢が重要です。私は特に高設定狙いでプレイしており、期待以上のボーナス回数が得られ、大満足しています。総合的な評価は4.8点です。

佐藤悠太(さとう ゆうた)

タイトル:「アイムジャグラー─ 簡単ながらも奥深い戦略性に魅了」

佐藤悠太と申します。『アイムジャグラー』は、簡単ながらも奥深い戦略性に魅了されました。特に、『ゴーゴージャグラー3』はその進化を感じさせる作品で、美しいデザインと豊富なプレミアム演出が印象的です。ルールもシンプルで理解しやすく、プレイヤーが戦略的にプレイできる要素が詰まっています。設定の選択肢や戦略が多様で、何度プレイしても飽きません。私は特に低設定での安定稼働を楽しんでおり、それによりコツコツと利益を積み上げています。このゲームは、シンプルながらも深い戦略性があり、一度プレイすればその魅力に引き込まれることでしょう。私の評価は4.3点です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です